Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on Tumblr
いまから1年ほど前、砂漠以外にはなにもないこの村に浮遊民族が訪れた。その顛末を見ていたのはコロンブ・ハッチャーマン(32)ただひとりだった。ハッチャーは空中に浮いて移動している人たちを見つけるなり、すぐさま真下まで走り寄って、開口一番「なにかくれ」とモノをねだったという。
「風変わりな人がいる=何か珍しいものを持っている」と勝手な連想をするのが得意なハッチャーだったが、それよりも彼のよいところは、何事も抵抗なくすべて受け入れる、その性格にあった。
事実、彼はどんなに珍しい民族が村に訪れても、誰よりも早く打ち解けていた。今回もやはり浮遊人に気に入られ、高価そうな絨毯を貰ったかと思うと、村中走り回って自慢していた。
そして浮遊人は村人全員にハッチャーと同じく絨毯を進呈することを交換条件に、しばらくの滞在の許しを求めた。村会議の結果、村人は彼らに半永久の滞在を許した。

始めは人が浮いている不思議な光景を飽きもせずに眺めていた村人も、いつしかそれは当たり前の日常となった。むしろ慣れすぎて、浮遊人が地上に降り、村の娘と談笑に花を咲かせている姿を見かけると、「地上で浮かれやがって!」と村人が嫉妬するほどであった。また、村にはなんでもオカルトで片づけるヤクザな宗教家がいたが、浮遊民族が現れてからは、すっかり大人しくなり、いつの間にやら床屋に転職して、村人や浮遊人の散髪に日々勤しんでいた。浮遊人は、それほどに村人の生活に馴染んでいたのである。

しばらくは空中でのんびり暮らしていた浮遊人だが、村に来て1ヶ月ほど過ぎた頃から急にせわしなく活動し始めた。
どこかに飛んでいっては、いろんな楽器を手に提げ戻り、所定の位置に置くなりまたどこかへ飛んでいく。そんなことを繰り返すようになった。
そして浮遊人が楽器を収集し始めて6日後、奇妙な形の物体が空中に現れた。
その瞬間を目撃したのは、結局コロンブ・ハッチャーマン(32)だった。ハッチャーの話によると、「物体はマッチを擦ったときの音のように現れた」のだそうだ。ハッチャーはたまに意味もなく詩人ぶって話をややこしくするのも得意だった。村人は大まかに「一瞬の出来事だった」と解釈した。
いつからか村人は、物体のことを『リバースター』と呼ぶようになった。意味が不明なだけに名付け親が誰なのかはすぐにピンときた。

浮遊人は、楽器をある程度集めると、今度は約束の絨毯をどこからか持ってきて村人に次々と提供し始めた。ハッチャーは村人に絨毯が行渡ったのを見計らって、自分の絨毯の上に座り『リバースター』に向かって手を振った。するとふわりと30cmほど浮いたのだった。それを見ていた村人は、驚いてすぐに自分の絨毯で試みた。誰の絨毯でもふわりと浮いた。村人が時間も忘れて絨毯に乗って楽しんでると、いつの間にかハッチャーは絨毯なしで浮いていた。先の先をいくハッチャーであった。


ハッチャーは村人を集めて、地面に蛇や鳥の絵を順々に書いていき、リバースターがなにであるかを説明した。しかし村人にはまったく理解できなかった。ハッチャーはトドメに「リバースターは自分自身なのだ」と、難解なことを言ってさらに場を混乱させた。
浮遊人は集めた楽器を使い、毎日リバースターの周りで演奏し、踊っていた。それに反応するかのようにリバースターは青白く発光した。演奏が終わるとまたもとの銀の光沢に戻った。
そして数週間が過ぎた頃、発光しているリバースターから大音量で音楽が流れだした。旋律やリズムは曖昧としていたが、村人はすこぶる恍惚とした気持ちになった。

活発な動きのあったリバースターにコンタクトしたのは、やはりハッチャーであった。「なんかくれ」と抜かりのない声が聞こえた。村人たちはリバースターにタメ口でいいのかとくだらないことを心配したが、ハッチャーの声に反応したのか、リバースターは、柔らかい閃光を砂漠に目がけて浴びせると、砂漠はまるで紙のようにペロリとめくれだした。リバースターの周りに曖昧で幻想的な美しい映像が映しだされた。それは瞬く間に空間に広がっていった。砂漠はみるみるうちにめくれだし、その下からまた新しい砂漠が見えていた。映像と砂漠はリンクしながら空間へと馴染んでいき、そのうち空間そのものとなった。

すべてが元に戻ったように感じたときには、リバースターも浮遊民族もいなかった。
残ったものは、村人が絨毯を自在にコントロールできる技術。そして、ハッチャーが浮遊人になったことだ。

村人は浮遊民族とリバースターがいつでも戻ってこれるようにと、村の目印としてピラミッドを建設した。その噂を聞きつけた世界の多くの人が村に訪れるようになった。もはや村の名物のひとりとなった元宗教家の床屋の主人は、床屋のくせにリバースター・キーホルダーを売り歩きながら誰彼かまわず観光客に話すのである


「そりゃ驚いたよー、不思議な音楽が流れ出すし、砂漠を布切れみたいにピラッとめくってどこかに隠したりしてさ、大人も子供も一緒になって大はしゃぎさ、でも恐怖とかはないんだ、こんなこと言ってもわかんないとは思うけどさ、実物のリバースター見たら、そんな気難しい顔はしないと思うなー」
ハッチャーは観光客になんでもねだっていたが、浮いてやってくるので人気者だった。

justin bieber tickets for sale albums justin bieber tickets for sale doesn”t need his father to be his lap dance pal or pot-smoking buddy.

online casino